ホーム>スタッフブログ>2016年4月

2016年4月

日本の伝統文様

先ごろオリンピックの公式エンブレムが決定されました。日本の伝統文様 市松文様をベースにされデザインされたものと伺っております。色合いも藍色がベースでこれも日本の伝統色を選ばれているそうです。公式エンブレムの決定に伴い、あるテレビ番組で外国の方に日本の伝統文様どれが好きかというアンケートをおこなっていました。結果は1位が麻の葉で市松は3位だったような・・・でも日本の伝統文様をベースにしたエンブレムにはみなさん好意的でした。日本の伝統文様といいますと、松竹梅をはじめ、青海波・亀甲・流水・千鳥・扇・菊・矢がすり・鹿のこなどいろいろあり、これらの文様の源は飛鳥・奈良時代にさかのぼることができるそうです。中国から渡来したものが中心ですが、中にはシルクロードから伝えられたものもあるそうです。しかし長い間日本人が多用し、日本の文様として私たちの暮らしの中に馴染んできたと言えます。毎日使う箸置きや食器にも日本の文様がつかわれているものがたくさんあります。ベーシックな日本の文様の食器は和食に限らず、フレンチやイタリアンも美味しく演出してくれます。日本の伝統文様グッズ、お気に入りをぜひ見つけてくださいませ。

2016428144656.jpg

美濃焼 軽量丼2個セット

(麻の葉・染付花絵)

2016428144839.jpg

モダン和柄の箸置き5個セット

(友禅・小紋・麻の葉・青海波・重ね桜各5個)

2016428145141.jpg

美濃焼 角パック小鉢日本の和柄2個組

(節十草・梅唐草)

 商品ページはこちら

癒しの金魚

夏の俳句の季語に“金魚”ということばがあります。時代劇などでは金魚屋さんが金魚を売り歩いていたりしています。今はまったく見かけませんが・・・金魚は目から涼を与えてくれるペットなのだそうです。とても身近な生き物ですが、金魚の祖先はフナだそうで、フナから品種改良して中国で生まれたそうです。江戸時代に夏の風物として人気が高まり、金魚売りから金魚を買い、金魚鉢で鑑賞するようになったそうです。江戸時代から今に至るまで身近な生き物として寄り添ってくれた金魚だから、いろんな夏雑貨商品に金魚が使われているのだと思います。昼間はだんだん暑くなってまいりました。金魚グッズで金魚がゆらゆら泳ぐ姿を想像しながら少しでもゆったりしたひとときを持って頂ければと思います。

201642219183.jpg

金魚蚊遣り器

2016422191929.jpg

ちりめん金魚親子

2016422192049.jpg

手作り風蚊遣り器 金魚

 商品ページはこちら

あたりまえの日常に改めて感謝して

昨夜熊本を震源とする大地震が発生致しました。被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興を心よりお祈り申し上げます。

今の時期朝夕の温度差が以外とあったりして体調を崩していたり、スギ花粉が終わったはずなのにひのきにも?と花粉症に悩まれている方も多いと思います。でも何があっても朝になるとお日様は昇って一日がはじまります。元気の源、朝ご飯をしっかり食べて今日という一日を大切に過ごしていきたいと改めて思いました。日本の朝ご飯を食べたくなるようなグッズをご紹介させていただきます。

2016415141457.jpg

童詩睦そろえ ねことふくろう 茶碗と湯のみのセット

2016415141524.jpg

紀州塗半月盆と箸置きを使って朝食膳のできあがり

 商品ページはこちら

話題の朝ドラに関連する遠州織

今朝ドラの舞台になっていますのが、わくわく雑貨ランドのある浜松です!(^^)!実際の暮らしの手帖の大橋鎮子さんとはなんのゆかりもない土地らしいのですが、とりあえず舞台になっていますのでちょこっとお話させて頂きたいと思います。ととがお勤めしているのは染物会社らしいですが、ここ遠州地方は豊田佐吉さん(現在のTOYOTAグループの礎を築いた方です。)が明治時代に自動織機を発明されてから綿織物業が盛んになり、別珍・コール天などの衣料織物を大手アパレルメーカーに供給してきました。織り方も遠州地方にしかできない方法が多岐にわたり、また、染色についても多様な技術が集積し、浜松の産業を担ってまいりました。今、織物産業・染色業は伝統的な産業に変化していってますが、長く培われてきた技術は様々な商品に活かされております。わくわく雑貨ランドにもそんな商品がございますので、ご覧いただければと思いご案内させて頂きます。

201648173625.jpg

遠州自然流Bookカバー 遠州織100%のナチュラルなBookカバー

Bookカバ-の布地はレディースアパレルメーカーから色の展開が自由にできるようなデニム調のストレッチ素材を作ってほしいと依頼されてできた布地です。(布地はたくさん納品されたそうなので、いろんな洋服に加工されデパートなどに並べられていると思います。)タテ糸に綿糸・ヨコ糸にポリエステル綿混糸とストレッチ性のある糸を交互に織り込んだ生地に綿部分のみを染めこむ処方で染めているので、ポリエステル部分が白く抜けて淡く上品なデニム調に仕上がっています。これも遠州織&遠州染の技術です。ストレッチ素材なので伸縮性があり、本に被せやすく、読書中の手触りも心地よい仕様となってます。色は3色。外側と内側の色使いの違いも楽しんで頂けます。

※文庫本サイズです。

 商品ページはこちら

もういくつ寝るとゴールデンウィーク♪

4月になりました。桜も見ごろの所も増え、これから過ごしやすい季節となります。そして4月の終わりからは大型連休 ゴールデンウィークが始まります。わくわく雑貨ランドの所在地浜松市 出世大名徳川家康さんの御膝下では5月3・4・5日と浜松祭りが開催されます。浜松祭りは江戸時代当時のご城主様がご長男の誕生を祝って凧を揚げたのが起源と言われております。現在は遠州浜(海)の近くの特設会場にて各町内がその町内に生まれた初子さんの健やかな成長を祈って4畳半から6畳くらいの大きな凧を大空にあげ、また各町の凧で合戦をします。それはそれは勇壮なお祭りです。夜には各町それぞれに違った彫刻が施された御殿屋台の引き回しが行われます。浜松市はお祭りですが、5月5日はこどもの日ですね。ところでこの国民の休日 こどもの日は日本国憲法できちんと母に感謝をする日であると定められていることを、みなさんご存知でしたか?恥ずかしながら私は知りませんでした。母の日は5月の第二日曜日(なぜかは世界各国いろんな由来があるそうです。)こどもの日と近いですよね。浜松祭りはこどもの成長を祈るお祭りですが、日本国憲法にあるように、こどもの日は母に感謝をする日として母の日への気持ちを新たにしながら今年は浜松祭りに参加したいと思っております。Yahooさんが母の日何が欲しいアンケートを母2000人に行ったそうです。一番人気はスィーツだそうで、次がお花だそうです。近頃ではお花とスィーツがコラボしたフラワースィーツもおすすめだそうです。お花も母の年齢によって鉢植えを好まれる場合もあるそうですが、平均して人気が高いのがプリザーブドフラワーだそうです。楽しいゴールデンウィークになりますよ~に♪

20164114164.jpg

ガラスのエンジェルの中にバラ一輪 フラワーエンジェル

201641141910.jpg

ドームプリオルゴール 星に願いをの曲といっしょにくるくる回ります。

201641142112.jpg

ローズジュエオルゴール Let it goの曲が流れます。

 商品ページはこちら

ページの先頭へ