ホーム>スタッフブログ>2017年10月

2017年10月

美肌になれる!どんぶり飯

今日Yahooニュースを開いたところ、あなたにおすすめのどんぶり飯というのが出ていて、どんぶり飯大好きの私はもちろんクリックしたのですが、どんぶり飯が簡単にできるいろんな種類のレトルト食品がお安く買えますよ~というサイトに飛んだのでした。それはそれでとても魅力的だったのですが、本日はどんぶり飯がひとりの時にはとても便利ということと、意外にもダイエットや美容にもお役にたつそうですので、ご案内させて頂きたいと思います。どんぶりはごはんの上にいろんな食材を盛り付けるだけで出来上がるお料理です。簡単ですし、洗い物も少なくてすむので、便利なお料理です。この上にのせる食材を一工夫するだけで、美容にとってもいいどんぶり飯ができあがるという事です。またごはんの量も管理しやすいので、カロリー計算の必要なダイエットに最適という訳だそうです。ごはんは太ると考えていらっしゃる方がいるかもしれませんが、適量ごはん(=炭水化物)の糖質は20%を脳で、70%は筋肉で、残り10%をそのほかの臓器で消費されると言われているそうです。食べ過ぎなければ、脂肪にはならないということです。このごはんに、いろんな食材をのせれば、毎日どんぶり飯を楽しめます。美容におすすめのレシピを一つご案内させて頂きます。レシピは検索でいっぱいでてきますので、よろしくお願いします。
アボガド丼<1人前>
材料:アボガド半分 トマト半分 ハム1枚 豆腐半丁 めんつゆ大さじ2~3 わさび適宣
作り方:1、アボガド・トマト・ハム・豆腐をサイコロ状にかっとする。
2、ごはんのうえにのっけてめんつゆをかけ、わさびを添えてできあがり
 
トマトにはリコピンが含まれていますので、抗酸化作用からシミ・シワ・などを防いでくれるアンチエイジング効果があります。豆腐やハムにはたんぱく質が含まれていますのでお肌を整えてくれます。アボガドにはパントテン酸がふくまれていて、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞の働きを助けてくれます。アボガド丼簡単なのでおすすめです。
 
(記事参考 美健コンシェルジュ(http://bannoyaku.com/)
 
他にも納豆とアボガドと卵を使ったどんぶり飯やマグロを使ったどんぶり飯など火を使わなくてもできるどんぶり飯もいっぱいありますので、ぜひ楽しんでくださいませ。そしてどんぶり飯をたのしむためのどんぶりはぜひこちらをご利用くださいませ。よりおいしく見えると思いますです。普通のどんぶりより約100g軽いのが特徴です。器自体が軽いので扱いやすく、洗うのも楽です。
 
 
20171029212325.jpg

美濃焼 軽量丼2個セット 麻の葉&染付花絵

20171029212355.jpg

美濃焼 軽量丼2個セット たこ唐草&花友禅

 商品はこちらです。
 

美容に最強 紅茶パワー

11月1日は紅茶の日だそうです。私は無類の紅茶好きという訳ではありませんが、先週からはじまった【相棒】は好きです。右京さんが紅茶好きで紅茶を入れるお姿を見ると、あんな風に紅茶をいれられたら美味しいだろうなと思いながら毎回見ています。相棒はさておき、紅茶の日がある事を知らなかったので、ちょっと興味があったので調べてみました。なぜ11月1日が紅茶の日かといいますと、1791年伊勢出身の船頭である、大黒屋光太夫という人が、ロシアの女帝・エカテリーナ2世のお茶会に招かれ、日本人として初めて本格的な紅茶を飲んだという事に由来しているそうです。ではなぜ船頭さんがロシアの女帝のお茶会に招かれたのでしょうか?実はこの大黒屋光太夫さんは、伊勢から江戸に向かう途中、嵐に見舞われ、漂流してたどり着いたのがロシアだったそうです。日本に帰りたい一心でロシアを横断し、女帝エカテリーナ二世に帰国の許可を求めに行き、漂流から10年してやっと日本に戻ったそうです。鎖国時代に外国に渡り帰国した、大黒屋光太夫さんですが、当時はもちろん罪人となる訳ですが、江戸で幽閉されていたとはいえ、比較的自由な生活を送っていたようで、ロシア事情や漂流の事情が本にまとめられているそうです。
でこの紅茶なのですが、じつは美容にとてもいいという事もわかりました。簡単にピックアップさせて頂きましたので紅茶を飲んでアンチエイジングに役立てていただければと思いますです。
★紅茶には活性酵素を取り除いてくれる成分(テアフラビンや紅茶フラボノイド)が含まれているので、シミやシワ・たるみを防いでくれる。
★紅茶にはハイドロキノンと呼ばれる化粧品にも使われる美白成分が入っているので、シミやそばかすを防いでくれる。
★紅茶にはビタミンやミネラルが含まれているので、体調を整えてくれる。
★紅茶に含まれているカフェインが疲労回復やストレス解消の効果があるとともに、紅茶の香にはアロマセラピー効果もあるので、リラックスできる。
ということで紅茶をぜひ楽しんで頂きたいと思います。紅茶を楽しむカップがこちらです。
 
20171025201442.jpg

美濃焼 フルーツシンフォニー高台碗皿5客揃

高台がついたおしゃれなティーカップとソーサーのセット

かわいいフルーツ柄でコーヒー・ハーブティー・紅茶などお茶をゆったりお楽しみ頂けます。

 

美容に最適 鍋料理

寒くなってきたせいかテレビ各局で鍋料理のおすすめがチラホラとニュースやトピックで紹介されるようになりました。今年は鍋の具材・・・白菜・キャベツ・白ネギ・にんじん・しめじ・えのき・春菊・小松菜などが、例年の半額くらいで購入できるそうで、お財布にも優しい料理にもなってくれるのではないかと期待できる様です。鍋料理は野菜やお肉・お魚などをたくさん使う料理ですのでもちろん美容にパーフェクトなお料理と言っても過言ではありません!(^^)!どの鍋を選ぶかによって毎日楽しめますし、副材をちょこっと変えるだけでも目先が変わるので飽きずに楽しめると思います。美容にいいと言われる主な鍋がこちらです。
● リコピンたくさんのトマト鍋
● コラーゲンたっぷりアンコウ鍋
● 大豆イソフラボンをたくさん摂れる豆乳鍋
● 代謝アップのキムチ鍋
そして鍋を食べる時に欠かせないのがとんすいです。普通の小鉢でも代用できますが、アツアツの鍋の具材を取り分ける時には、やはり持ち手のついたとんすいが便利です。こちらの商品は鍋料理の時にはとんすいとして、また耐熱陶器ですので、そのままレンジを利用してスープカップやグラタン皿にもお使い頂けます。まぁるい取っ手がかわいらしい碗皿です。
 
 
20171018174313.jpg

焼肉の時にはタレ鉢に、鍋料理にはとんすいに。

20171018174335.jpg

レンジを使ってカップスープなどの温めに。

20171018174358.jpg

敷板・スプーンもついています。

間食は美人の素

またまたテレビネタで恐縮ですが(私はテレビっ子ですので・・・)先日あさイチでで間食のおすすめをしておりました。間食というとデブの元 不健康の元 でも甘いもの好きには何となくやめられない でも何となく後ろめたいなどあまり前向きイメージはなかったのですが、この説明を聞いて印象がまったく変わりました(^^♪まずミスユニバースの栄養指導をしていた栄養士さんが、彼女たちに積極的に間食を薦めていたそうなのです。その理由は3度の食事で不足しがちな栄養素を間食から摂ることにより、お肌の調子や体調を整えるということだそうです。女性に不足しがちな栄養素は、ビタミンC・カルシウム・鉄分・マグネシウムだそうです。でもこれらの栄養素は美容には欠かせないものですが食事からだけでは摂りきることはなかなか難しいそうです。そこで、食事と食事の合間の間食でこれらを摂ることがお薦めなのだそうです。簡単にお薦め間食を列記いたします。
 
ビタミンC/フルーツ・ドライフルーツ
 
カルシウム/プリン・チョコレート・チーズ
 
鉄分/プルーン・レーズン・ココア
 
マグネシウム/アーモンド・クルミ
 
そして間食がお薦めなのはもう一つ。お腹がすきすぎてドカ食いを防ぐことができるという事だそうです。食事の時には適度にお腹がすいているのがちょうどいいという事で、あまりにもお腹がすいていると脳の方で炭水化物を要求されてしまい、いちばん最初に炭水化物に手が出るそうです。食事はやはり野菜やスープ類からゆっくり食べ始めるのがいいそうで、そのためにはお腹がすきすぎているのはNGなのだそうです。間食をしておけば、脳もさぁお食事ですよ!!とゆったりとお食事をはじめられるそうで、このゆったり感がカロリーの摂りすぎにもならないとの事です。ただしやたらに間食をすればいいという訳ではなく、あくまでも間食は3度の食事で足りない栄養素を補うため。そして忘れてはいけないのが200キロカロリー以下に抑えるということだそうです。200キロカロリーってどのくらい?って疑問に思われると思いますが、食材によって大分量が変わりますのでお調べ頂ければと思います。ちなみにピザだと一切れ、ポテトチップスだと18枚くらい、カスタードプリンだと1.3個くらいです。ミスユニバースには程遠いですが、美ばーばを目指す私としては間食を上手に使ってお肌を少しでも労わってあげたいと思うのであります。間食に大事なのはwithお飲み物だと思います。手軽にお茶が飲めるマグカップがありますので、ぜひ間食の際にご利用頂ければと思います。
 
2017107232220.jpg

茶こし付きマグカップ 古染花

2017107232327.jpg

茶こし付きマグカップ 花色彩

2017107232458.jpg

茶こし付きマグカップ クローバー

ページの先頭へ