ホーム>和食器を長持ちさせる方法

和食器を長持ちさせる方法

和食器を長持ちさせる方法

和食器は洋食や中華など和食以外にも活用できるので、多くの家庭で使用されている食器です。お気に入りの和食器はいつまでも長く愛用したいと考えますので、こちらでは和食器を長持ちさせる方法をご紹介しています。

購入した時に行うこと

和食器には釉薬と呼ばれるガラス質の薬品が表面に塗られていますが、器の底には釉薬が塗られていない場合がほとんどなので、購入時は器の底がザラザラしています。そのまま使用するとテーブルを傷つけてしまいますので、ザラザラがなくなるまで目の細かい紙やすりで磨きます。次にお米のとぎ汁を鍋に入れて、器をとぎ汁に浸けておきます。この作業を行うことで、とぎ汁に含まれるぬかが目に見えない傷に蓋をしてくれます。

使用前に行うこと

購入時に器を浸けておいたとしても器には多少の水分が染み込んでしまいますので、料理を盛り付ける前にも水に浸けておきます。また、盛り付ける料理が温かい場合は、温水で浸けておき、冷たい料理であれば冷水で浸けるようにしましょう。器は10分から30分程度浸けておくのがベストですが、忙しくて時間が取れない場合は数分浸けるだけでも変わってきます。

使用後に行うこと

使用後のお手入れは手洗いで行うのが基本であり、食器洗い機を使用すると温度変化によって器が劣化してしまうことがあります。また、使用後は早めにお手入れするのがポイントであり、時間が経ってからお手入れすると器の生地にシミや臭いが染み付いてしまうことがあります。

一度シミや臭いが染み付いてしまうと漂白剤を使用しても取れない場合がほとんどなので、放置せずに早めに洗いましょう。洗う時は一般的な食器洗剤を使用して、釉薬が塗られている部分は柔らかいスポンジで洗い、塗られていない部分はタワシで洗うと良いでしょう。しっかりとお手入れしたら水気を取って、カビ防止のために風通しの良い場所で十分乾燥させてから収納しましょう。

当店ではデザインにこだわったおしゃれな和食器を販売しており、毎日使用しても飽きない和食器となっています。汚れが落ちやすいエコ食器や食器洗い機が使用できる木の器も取り扱っていますので、おしゃれだけでなく使いやすさにもこだわっている方におすすめです。おしゃれな和食器の他にもわくわくする雑貨を取り揃えていますので、生活雑貨をお探しの方はぜひご利用ください。

ページの先頭へ